IHCWAYの先生の声。IHCWAYは1時間2000円の英会話スクールです。日常英会話から実践的なビジネス英語まで細やかに指導します。
先生の声

1/22 >>

マンツーマン英会話レッスンの担当のBrian先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
東京、秋葉原、新橋などのエリアで、マンツーマンで英会話を教えています。
紹介
Brian先生は以前も日本に留学していましたが、途中で起こった大震災のため留学を断念し、一度アメリカに帰国しました。
その後、お仕事をしていましたが、日本で大学を卒業する夢をあきらめきれず、再び日本にこられた努力家
です。
現在は念願の学業を続けながら、英会話の先生をしています。 とても穏やかで、話しやすい人柄です。

【日本に来られた理由や希望は、何ですか?】
Attending University, International Business Major.
大学で国際ビジネスを学ぶためです。

【IHCWAYで英語を教えたいと思ったきっかけは何ですか? 】
I was impressed by the the feeling of the company website, and since I currently teach English online, I feel this would be a good fit for me.
第一印象は、IHCWAYのサイトを見て、会社の雰囲気がよさそうだと思ったからです。
また、今、他の英会話スクールでオンラインレッスンで教えているのですが、それよりもマンツーマンのカフェで直接生徒に会って教えるスタイルが、自分に合っていると感じたからです。

【好きな本は何ですか?】
Jurassic Park. This was one of the first science fiction novels I read as a young adult, and I remember being completely immersed in the story, and loving the characters.
ジュラシック パークです。これは、私が大きくなってから初めて読んだSF小説の中の1冊です。
読んだ時には、ストーリーにどっぷりと浸ってしまいました。また、登場人物たちが好きです。

マンツーマン英会話のJordan先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
池袋から東京のエリアで、マンツーマンで英会話を教えています。
紹介
IHCWAYで長く英会話を教えているMarcos先生に紹介されて、IHCWAYでマンツーマンで英会話レッスンを始めました。
英会話を教えることに、とても熱心な先生です。

【Jordan先生からのメッセージ】
I like to listen to people and the stories they have to tell and am very patient with helping people who have trouble speaking English.
私は、相手の話を聞くのが好きです。そして、英語を話すことにつまずいている生徒さんをとても辛抱強く手助けします。

【日本に来られた理由や希望は、何ですか? 】
I am currently a University student and want to pursue a career teaching English.
今、日本の大学に留学中で、英語を教えるキャリアを積みたいと思っています。

【IHCWAYで英語講師をしたいと思ったのは、なぜでしょうか?】
I would like to become a better teacher and meet new people
もっと良い先生になりたいから、新しく人々と知り合いたいからです。

マンツーマン英会話レッスンのKen先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
東京から上野のエリアで、マンツーマンで英会話を教えています。
紹介
Ken先生は、日本の自動車メーカーのアメリカ支社にお勤めの後、日本で英会話の教師をしています。
すでにIHCWAYで教えている何名かのアメリカ人ネイティブ講師からの紹介で、IHCWAYでも英会話を教えることになりました。

以下はKen先生に関するQ&Aです。

【日本に来られたきっかけは、何ですか?】
I love Japanese history, language and culture. 日本の歴史、言語、文化が大好きだからです。

【 IHCWAYで英語講師をしたいと思ったのは、なぜでしょうか?】
I want to help people fulfill their dream of second language acquisition in a fun and motivating way.
第2言語としての英語を身につけたいという生徒さんたちの夢を、 楽しく、やる気の出るやり方で手助けしたいと思ったからです。

【好きな本はなんですか?】
My favorite book is Charlie and the chocolate Factory by Roald Dahl.
I read this book when I was a child. I love Roald Dahl's witty writing style.
ロアルド・ダールの”チャーリーとチョコレート工場”です。 私はこの本を子供のころ読みました。この作家の機知にとんだ文章スタイルが とても好きです。

【好きな映画はなんですか?】
My favorite movie is Blade Runner directed by Ridley Scott.
I love the futuristic film noir quality of this film.
リドリー・スコット監督のブレード・ランナーです。
私はこの映画の、未来的なフィルム・ノワールな感じが大好きです。

マンツーマン英会話レッスンの担当Jacob先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
新宿から吉祥寺のエリアで、マンツーマンで英会話を教えています。
紹介
Jacob先生は、アメリカからの留学生として日本にきましたが、現在は企業に勤務しビジネスに携わりながら、IHCWAYで、マンツーマンで英会話レッスンを続けています。



以下はJacob先生からの自己紹介とメッセージです。

日本にしばらく住んでみて、英語が日本ではいかに重要かを知りました。
そして、何人かの友達に、教室ではないリラックスした環境で英語を教えていました。
IHCWAYでもそれに似たレッスンの環境なので、経験を生かして、生徒をしっかりサポートしながら、英会話を教えられるのではないかと考えました。
また、もし将来、プロの英会話教師になるとしたら、IHCWAYで教えていることは私にとってすばらしい経験となり、また重要な足がかりになるのではないかと思います。

After living in Japan for a while, I've come to realize the demand for English here.
I have aided my non-English speaking friends on improving their English in a relaxing, non-classroom environment.
Since IHCWAY's teaching environment is similar, I believe I would be able to provide supportive education regarding the English language to students.
I also think that IHCWAY would be excellent teaching experience and serve as a vital stepping stone in becoming a professional English teacher.

マンツーマン英会話レッスンの担当のMatt先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
東京、など山手線沿線でマンツーマンで英会話を教えています。
紹介
Matt先生は、日本の企業や学校で英会話を教える傍ら、IHCWAYでも長くレッスンを続けています。
各生徒にじっくりと向き合うスタイルで、とてもわかりやすいと初級の生徒さんからも好評です。
アメリカの大学で日本について専門に学び、文化や芸術にも造詣が深いです。

以下はMatt先生からの自己紹介とメッセージです。

空いている時間に英語を練習したいですか?文法について聞きたいことがある方や、会話のスキルを伸ばしたい方はいますか?
IHCWAYの講師となら、便利な場所で、ご都合の良い時間に、個人個人に特化したレッスンが受けられますよ。
たくさんの役に立つボキャブラリーを学ぶチャンスが持てて、また外国から来た興味深い人(先生)に出会えます。
私は新しい友人たちに出会い、各々から話を聞くのが好きです。私は何よりも生徒の学習を手助けするのが好きなのです。
新しい生徒さんに、お気に入りのカフェでお会いできることを楽しみにしています。

Would you like to practice English in your free time? Do you need help with grammar, or just want to improve your conversation skills?
With IHCWAY instructors, you can have a personalized lesson at a convenient place and time.
You will have a chance to learn a lot of useful vocabulary, and meet an interesting person from another country, too.
I love meeting new people, and hearing their stories. Most of all, I love helping my students to learn.
We hope to see you soon, at your favorite cafe!

Matt from USA

マンツーマン英会話レッスンの担当のTakashi先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
池袋や高田馬場など山手線沿いのカフェでマンツーマンで英語を教えています。
紹介
Takashi先生は、ご両親が仕事のために渡米されたため、アメリカ生まれ、アメリカ育ちの英語ネイティブです。
日本名ですが、日本語の方は少し苦手で、まだまだ勉強中です。
アメリカでは高校を飛び級して大学に入った秀才です。几帳面で、責任感の強い性格です。

以下はTakashi先生からの自己紹介とメッセージです。

IHCWAYは革新的でわかりやすい英語教授法で生徒を教えています。
それは、よけいなものを取り除いた教授法で、絶対的に必要なものにだけに集中したものです。
私はこの方法を強く勧めたいと思うのですが、私達が、流暢にしゃべれるようになるには、2000語で十分かつ必要最低限でもあります。
IHCWAYでは外国語学習とは思っていたより難しいものではないと明らかにしながら、この2000語の学習と文法構造を強化して教えます。
つまり、私は、外国語を身につけたいと考えている方々に、IHCWAY をお勧めしたいということです。
学習メソッドは誰にとっても、十分シンプルで、かつ外国語学習における優先順位を考慮にいれた、たくさんの学習内容を有するものです。

IHCWAY brings about an innovative and straightforward way of teaching English to the students.
It is a stripped down way of teaching that focuses on the essentials and I highly recommend it--to speak fluently, we need at most 2000 words.
Ihcway reinforces those 2000 words and grammar structure, revealing that learning a language is not as hard as it may seem to be.
In short, I highly recommend IHCWAY for those looking to get into learning another language--the methods are basic enough for everyone, with many subjects to allow for prioritization of language learning.

Best Regards,

Takashi

マンツーマン英会話レッスンの担当ニッコー先生(オーストラリア)

主なレッスンエリア
渋谷や新宿など山手線沿いのカフェでマンツーマンで英会話レッスンをしています。
紹介
現役のファッションデザイナーで、大好きな日本でビジネスをするために、現在、留学生として日本語を学んでいます。
とても温和で、初心者の方から中級、上級、ビジネス英会話を学ぶ生徒さんまで、幅広く信頼を得ています。
以下はニッコー先生からの自己紹介とメッセージです。

IHCWAY の教師を始めてから、生徒さんたちとは良い経験ばかりさせてもらっています。
私はオーストラリアから、このダイナミックな大都会Tokyoでの生活を経験しにやってきました。
私は、ファッションデザイン、アート、音楽、食などに大変興味があります。
いずれの生徒も、毎週ごとに上達があり、もっと良い先生にならなくては、と頑張る気持ちが湧いてきます。
いつもレッスンで生徒に会うのが楽しみで、本レッスンの前にちょっとした会話をするのも楽しみです。
さらに、生徒が英語を話すことに対し自信を持ち、成長し続けるのを見るのも嬉しいですし、生徒の目標に達するのを助けられた時には、大喜びです。
レッスンは、生徒と先生両方に便利な、リラックスした環境と雰囲気の中で行われ、レッスン内容も現実的に世の中に適応した実際的な教材で行えますので、生徒たちは教科書の内容を暗記しようと必要以上に心配せず、速く英語が上達できる、素晴らしいチャンスを持てるのだと思います。

As an IHCWAY teacher, I have had nothing but great experiences with my students. I came to Japan from Australia to experience and live in this dynamic city, Tokyo. I have a great interest in design (fashion), arts, music and food.
Every student that I teach has improved and seeing this improvement occur on a weekly basis only encourages me to become better at teaching. I always look forward to seeing my students for their classes and am excited to 'catch up' with them before we begin each lesson.
Furthermore, it is encouraging to see their confidence in using English continue to grow and am excited by the chance that I have in assisting my student reach their goals.
As the classes are set in a place convenient for both teachers and students in a relaxed atmosphere, and the course material being very practical in the real world, I feel the students have an amazing chance to rapidly improve their English without having to worry too much about memorizing a text books content.

マンツーマン英会話のエラ先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
吉祥寺や三鷹など中央線沿いのカフェでマンツーマンで英語を教えています。
紹介
津田塾大学の数学科で学ぶ、優柔なアメリカ人講師です。
ユーモアがあり、アメリカの手話が特技です。
エラ先生からの自己紹介とメッセージです。

私の教えることについての経験は、ほとんどが数学の個人レッスンかグループレッスンです。
それに加え、大学での代理講師も努めたことがあります。
英語を教えることは、数学を教えることと違うとは思いますが、ベストを尽くし頑張るつもりです。
私自身、今、日本語を学んでおり、それは多くの忍耐力を要します。
このことで生徒さんの気持ちが分かり、より良い英語の先生になる一助となるのではないか、と思います。

Most of my teaching experience comes from private/group tutoring in the subject of mathematics.
In addition to this, I have also substituted for a few college classes. I understand that teaching a language is different but I am ready to do my best and work hard.
I myself am currently studying Japanese and it takes a lot of patience. I believe that being able to relate to the students in this manner will help me to be a better instructor.

マンツーマン英会話のサミュエル先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
銀座や東京、飯田橋など便利な都心エリアのカフェでマンツーマンで英語を教えています。
紹介
サミュエル先生からの自己紹介とメッセージです。

大学1年のとき、アニメを見るのに夢中な同級生と親しくなりました。
当時、私は、アジアの映画を見るのが好きだったので、時々、日本のアニメも見るようになりました。

大学の専攻を国際ビジネスに変更した後、私は外国語のクラスを受けるように言われました。
そこで私は、日本語を学ぼうと決めたのです。
そもそも、私は日本語には既に触れていましたし、また、アジアの言語習得はビジネス専攻で卒業する際に、極めて有益となることが多いからです。

日本語について学びながら、私は日本が地理的に見ると(特に政治的に)孤立している国のいくつかの点についても学び始めました。

また徐々に、私の大学の日本語学科の規模やレベルでは、たいして、上達ができないと感じ始めました。それが、私が日本に留学しようと決めた理由です。

私は自主的で独立志向の人間です。また、批判的思考法のスキルを応用するのが非常に得意です。

そして、常に問題解決をしながら、代替の解決法をすばやく見つけ出すことができます。

しかしながら、同時に、「完璧な答え」をみつけるために、逆に決まりきった型に、はまってしまいがちです。 また、時々、解決法を求めて必要以上に長い時間をかけてしまうことも、たまにあります。

私は、リーダーシップをとり、他者にやる気を起こさせる能力があります。 水中安全インストラクターをしていた時、同僚たちとともに話し合いながらレッスンプランを作成することに時間を費やしました。

さらには、各レベルに合わせた基本プランを作ることで、新しいインストラクターたちが、彼らの最初の2週間分のレッスンに役立てられるようにもしました。

ライフガードをしていた時には、脊髄損傷の可能性がある方の救助で、リーダーをつとめました。 そのようなレスキューにおいては、そんなに時間をかけてはいられません。被害者の安全を確保するためには、手際の良さと忍耐力が求められるのです。私の指示のもと、我々はその救助を10分以下で完璧に遂行することができたのです。
(要約)

During my first year of college, I made a friend who was a bit obsessed with watching anime. I myself enjoyed watching Asian horror and revenge films (since American cinema had become considerably stale), so I decided to join him occasionally. After changing my major to International Business, I was required to take a foreign language class. I decided to begin studying Japanese, primarily since I had already been exposed to it and Asian languages tend to be invaluable to graduates with degrees in business. During my time taking Japanese, I also began to study some information about the country that developed geologically (and sometimes politically) isolated. With the size of my university’s Japanese department, I felt that I wasn’t making much progress. That is when I decided to study abroad for a year.
I tend to be a very self-motivating and self-reliant individual. I’m also fairly proficient in applying critical thinking skills, and am usually able to solve problems and perceive alternate solutions fairly quickly. However, I tend to get stuck in the rut of finding the “perfect solution,” and occasionally take longer to apply the solution than is necessary.

I also have the ability to assume leadership and motivate others. During my time as a Water Safety Instructor, I spent time discussing and building lesson plans with my colleagues. I even took time to develop basic plans for each level and give them to new instructors for their use during their first two weeks of lessons.

While working as a lifeguard, I took lead on a rescue for a suspected spinal injury. When performing such rescues, time is not an issue. Finesse and patience is required to ensure the safety of the victim. Under my guidance, we were able to perfectly execute the rescue in under 10 minutes.

マンツーマン英会話のジョーダン先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
新宿や渋谷、東京など山手線エリアのカフェでマンツーマンで教えています。
紹介
ジョーダン先生からのメッセージです。

「IHCWAYのゴールが、生徒の英語力を、短期間で、大幅に上げさせることだと知りました。

私は、自分の学業及びキャリアのゴールに達する準備として、またIHCWAYの評価を上げるため、という両方の目的のために、IHCWAYで先生になりたいと思いました。

以下に、なぜ私が良い先生になれるのか、また自分の学業や職業としての目標などと、私の英語教師としての経験を簡単に説明します。

私のボランテイア英語教師としての経験は2010年に始まります。2年間、日本でボランティアをするチャンスを得て、毎週、英語を無料で教えました。個人的にも何百人もの生徒をグループやマンツーマンで教えました。

生徒の年齢は子供からお年寄りまででした。既定のテキストや、生徒自身が使いたいといった教材を使いました。

特に私は、生徒と個別に目的を決められる1対1の授業が好きで、ともにゴールに達するのことを経験しました。

また、私は大学受験や英検テストの準備の生徒を教えるのに優れていると思います。

2011年に、大学受験に失敗した3人の高校生を教えました。私たちは塾の教科書や、私の用意した教材を使って一生懸命勉強しました。
彼ら3人の学生はみな翌年に合格し、そのうちふたりは千葉大学と目白大学に通っています。

これらの経験は、生徒の英語理解に対する、私の深い関わりを表すものだと思います。そして、彼らの成功がいかに私にとって大切かということを。

自分の専攻と同じ分野のボランティアを行いながら日本に住むという経験は、日本留学で一般的な、英語教育と関係ない専攻で卒業するよりも、教師になるにあたって、私をさらに資格に近づけるものでした。

私は今、新宿の日本語学校にも通っています。私の学歴と職歴において目指すゴールは日本社会の一員として、効果的にかつプロ的に機能できることを中心に展開しています。

現在、留学先の大学では、日本語とコミュニケーション学のダブル・メジャーです。そのあとは日本の大学院を卒業したいです。
そして言語学や国際関係などを教えられる、日本の大学の教授になりたいと頑張っています。

また、英語でも日本語でも教えられるようになるためにも頑張っています。私は人々を助け、一緒に力を合わせられる教育の世界が好きです。それこそ、私が、今、そして将来も、教授法におけるキャリアを追求したい理由です。

私は初めての人と会ったり、一緒に働いたりすることには、恥ずかしくもないし、あまり、遠慮もしません。

IHCWAYで教えることにより、私は単に雇われ先生として直接の経験を積むだけでなく、日本での留学生として、私の学業とライフスタイルを、より大きくサポートできるようになるでしょう。

また、生徒に対してはIHCWAYを通じて英語を学ぶ楽しい経験をさせてあげられると思います。」


Given IHCWAY's goal of helping students increase in English proficiency, I desire to work at IHCWAY as a means for both preparing myself for achieving my educational and career goals, and help build a good reputation for IHCWAY as a solid source for quality English education.
The following demonstrates how I am a good candidate for this position through a brief description of my experience as an English teacher as well as my educational and occupational goals.
My experience as a volunteer English teacher began in 2010.
I had the opportunity to serve for two years in Japan as a volunteer.
I taught free English conversation courses every week.
I personally taught hundreds of students in both group settings and one on one.
My students ranged from young children to elderly adults.
I taught from textbooks provided by my management and also from materials that students suggested and wanted to use.
I particularly enjoyed one on one teaching settings where I could set goals with students, and together see those goals be accomplished.
I particularly excelled in teaching individuals who were preparing for college entrance exams and English proficiency tests. In 2011, I taught three high school students who failed their college entrance exams.
We studied hard using the text books from their cram schools and other materials which I provided. All three of those students passed their tests the following year, and two of them are currently students at Chiba University and Meijiro University.
However, I believe these experiences show my commitment to my students understanding of English, and just how important their success is to me. My experience living in Japan as a volunteer along with my general education degree make me more qualified for a teaching position than most typical college graduates in Japan with a degree in an field irrelevant to English education.
Currently as a Japanese language student at KCP International, my educational and career goals center around being able to function effectively and professionally as a member of Japanese society.
Currently I am working on a double major in Japanese and communications.
After that I will finish graduate school at a Japanese university. I am striving to become a university professor at a Japanese university, who can teaches courses in subjects such as linguistics and international relations.
I also am striving to be able to teach in either English or Japanese.
I love the world of education, helping and working with people. This is why I now, and in the future, want to pursue a career in teaching.
I have no shame nor reservations about meeting and working with new people on a regular basis. As an employee of IHCWAY I will not only be able to obtain first hand experience as an employed educator of language, but also be able to greater support my education and lifestyle as a student in Japan.
I will also be able to give the students I teach an enjoyable experience learning English through IHCWAY.
1/22 >>